要チェック!家づくりに必要な経費について

家を建ててもらうにあたって、必要なのは建設費だけではありません。当然更地に建てるわけですから、土地代もかかります。建設費は本体工事費と別途工事費を合算した金額になりますが、ハウスメーカーや工務店などによってその線の引き方は色々です。線引きをきちんと確認しておかないと、見積もり金額の内容をきちんとチェックできないので、事前の確認が大事です。
こまごまとお金がかかるのが諸経費です。一般的に総費用の1割はこの諸経費が占めると言われています。資金計画をする際は、常にこの諸経費を上乗せした金額で考えなくてはいけません。

うっかり忘れがちなのが、各種税金です。家を建てる前後で必ず発生しますので、税金の支払いを考慮した、資金計画を立てましょう。物件や条件により税金の金額は変動します。大体の目安はハウスメーカーや工務店でもアドバイスしてくれますので、聞いてみましょう。

支払いのタイミングは依頼先によってまちまちです

家を建ててもらう際の支払いに関しては、依頼先によってタイミングが色々あります。多く採用されている支払い方は、工事の進捗に合わせて支払うタイミングです。契約時に着手金として総費用の1/3、工程の半分くらいまで進んだら中間金を1/3、家の引き渡し時に残りの金額を全て支払う方法がメジャーです。
ハウスメーカーに関しては、支払いがもう少し細分化されている場合が多いです。資金計画を建てる際は、このような流れを理解したうえで、滞りなく支払えるように準備しておくのが大事です。

地域により間取りや坪数は変わりますが、購入することは可能です。平均坪数25~30坪。間取りは2DK~3DKが目安となります。建売住宅や注文住宅が有りますので2000万の家をお考えの方はお近くのハウスメーカーにご相談を。

ギャンブルチップ