火事で建物が焼失した土地

江戸時代の江戸の街は火事が良く発生したと言われます。建物が木造であるだけでなく家同士の間隔があまりないので、一か所で火事が発生するとどんどん燃え広がったようです。現在も木造は多いものの燃えにくい素材が使われていますし隣同士の間隔もそれなりに取られているので昔のようにどんどん広がるケースは減っています。ただ各家に関しては火事のリスクがあり、火事で家屋が焼失した土地が売りに出されたりもします。実は更地の土地であっても直前に建っていた建物が火事で焼失したときは通知義務があり販売価格も相場よりも安くなっているようです。価格だけ見ると割安でお買い得のようですが、地理的条件で火事が発生しやすい可能性もあるので十分チェックした方がいいでしょう。

以前駐車場だった土地に注意

割安に不動産が買えたり借りられたりする物件として事故物件があります。事故物件に該当すると不動産屋はその内容を購入者や借りる人に伝える義務がありその分利用する人は少なくなります。事故物件を売ったり貸したりする人は価格を相場よりも安くせざるを得ず、事故の内容を気にしない人にとってはお得な物件になります。事故物件と言えば建物のイメージがありますが実は更地にもあり、割安だからと問い合わせると事故の内容を教えられたりします。

事故物件の通知に関しては直前の利用に関してのみになり昔に何かがあっても通知する義務はありません。事故物件の更地を売るときに一旦駐車場にしてからだと通知義務がなくなるので購入者は以前のトラブルがわかりません。駐車場のすべてで以前トラブルがあるわけではないですが注意は必要でしょう。

ランディ公式